RSS
Post Icon

「iPhone 11」、新しい飛散防止技術など搭載?--うわさの「Pro」シリーズ登場の可能性も

Appleは、9月に2019年版の「iPhone」を発表するとみられている。9月に近づくにつれ、「iPhone 11」のほか、「iPad」「Apple Watch」「AirPods」や「HomePod」スピーカーのアップデートの可能性に関する憶測が続いている。
次期iPhoneのデザインは、現在のモデルと似たものになると予想されているが、Bloombergの米国時間8月22日の記事によると、新しいハイエンドモデルには一部のカラーでマット仕上げが採用され、落下時の耐久性を強化するための新しい「飛散防止」技術が搭載される可能性があるという。新型iPhoneは耐水性能も高まっており、「現モデルのiPhoneの最長30分間よりも長時間の浸水に耐えられる」可能性があるとBloombergは報じている。
Bloombergの記事は、新型iPhoneに関するこれまでのうわさも裏付けているようだ。Appleは9月(米CNETは9月10日と予想している)に、3機種の新型iPhoneを発表するとみられる。Bloombergによると、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継モデルである「iPhone 11 Pro」シリーズ、「iPhone XR」の後継モデルなどが登場するという。Appleはこれまで、製品の最もハイエンドなモデルに「Pro」という名称を付けている。新型iPhoneは、さらに高度なカメラ、高速なチップ、次期バージョンのOS(iOS 13)を搭載するほか、おそらく新色も登場すると予想されている。
Bloombergによると、「iPad Pro」もカメラがアップグレードされ、プロセッサーが高速になる。また、耐水性やノイズキャンセリングなどの機能を搭載する新型AirPodsや、現在299ドル(日本では3万2800円)で販売されているHomePodスピーカーの低価格版にも取り組んでいるという。Bloombergによると、新型AirPodsと廉価版HomePodは2020年にリリースされる可能性があるという。
米CNETはAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • RSS
Post Icon

レノボのノートPC「ThinkPad T450」が2万4840円に

「Qualit(クオリット)」の「Qualit×Lenovoセール」では、拡張性と使いやすさで人気の「ThinkPad T450」が通常価格3万240円のところ、8%OFFクーポン利用で2万4840円で購入可能に。
リフレッシュPCを販売する「Qualit(クオリット)」では8月23日から、「Qualit×Lenovoセール」を開催している。期間は8月31日まで。
セール期間中は、すべての製品を8%OFFクーポンを使って購入できる。対象製品のひとつとして、拡張性と使いやすさで人気の「ThinkPad T450」が販売。
スペックはOSがWindows 7 Pro、CPUがCore i5-5300U、メモリーは4GB、ストレージは500GB HDDなど。購入時期は2015年頃。保証期間は6ヵ月。通常価格3万240円のところ、8%OFFクーポン利用で2万4840円で購入できる。
そのほか、1万円台の「Optiplex 7020 3300SFF」や、2万円台の「iPad 第6世代」などの製品も、お手頃価格で購入できる。興味のある人はチェックしてみてはいかがだろうか?

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • RSS
Post Icon

次期iPhoneはバッテリー容量がモリッと増えるかも?

本当なら嬉しい
スマホがいくら進化しても、なかなか増えないのがバッテリー容量。しかしもうまもなく登場するであろう「次期iPhone」では、バッテリー容量が全般的に増加するかもしれませんよ?
台湾紙のDigiTimesによれば、次期iPhoneは現行モデルからディスプレイサイズを変えずに3機種が登場。そして、それぞれのバッテリー容量は以下のとおりと言われています。
iPhone XS後継機種:3200mAh(20%増加)
iPhone XS Max後継機種:3500mAh(10%増加)
iPhone XR後継機種:3000mAh(2%増加)
この中で、気になるのはiPhone XS後継機種のバッテリー容量の20%向上でしょう。これだけ容量が増えれば日常使用だけでなく、長時間の動画撮影や重いゲームアプリもより気軽に楽しめるはずです。
DigiTimesはその他にも、iPhone XS後継機種にデュアルnanoSIMモデルが登場すると指摘しています。ただし、これは中国市場限定とのこと。中国向けのiPhone XS MaxやiPhone XRにデュアルnanoSIMモデルが用意されているのに似ていますね。
3カメラの搭載やリバースワイヤレス充電機能など、細かな改良が期待されている次期iPhone。しかしもしかすると、私達により恩恵があるのはバッテリー容量の増加になるかもしれませんよ。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • RSS
Post Icon

ドスパラ、GeForce GTX 1650搭載で税別10万円を切る15.6型ゲーミングノート

ドスパラは、GPUにGeForce GTX 1650を搭載しながら税別価格99,800円を実現したゲーミングノート「GALLERIA GCR1650GF」を発売した。
エントリー向けのゲーミングGPUと、4コア/8スレッドのCore i5-9300Hを搭載。狭額縁ディスプレイによるコンパクト設計、非光沢液晶の採用なども特徴。
そのほかの仕様は、DDR4-2666メモリ8GB×1、512GB NVMe SSD、1,920×1,080ドット表示対応15.6型液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Homeを搭載する。
インターフェイスは、SDカードリーダ、USB 3.0×3(うち1基はType-C)、HDMI、Mini DisplayPort×2、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5、Gigabit Ethernet、HD対応Webカメラ、音声入出力などを備える。
バッテリはリチウムイオンで、駆動時間は約6.5時間。本体サイズは360×245×26.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.03kg。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • RSS
Post Icon

次期Android Qの正式名称は「Android 10」に決定、お菓子の愛称はなしに

毎回予想して楽しんできた、Andoroidの名称。10の節目で数字のみになった。
グーグルは8月22日、公式ブログでAndroidの命名ルールを変更。開発中の次期バージョンから「Android Q」の正式名称を「Android 10」にすると発表した。従来は、これまではバージョン番号に加え、頭文字がアルファベット順に並べた、お菓子の英名を愛称に使っていたが、バージョン番号のみを記載する。
あわせてロゴも変更。Androidのフォント色は緑から黒となり、色の区別が難しい人に対して、視認性やアクセシビリティが向上したものになる。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • RSS
Post Icon

Intel、"2種類目"のモバイル向け第10世代Coreプロセッサを発表

米Intelは21日(現地時間)、「Comet Lake」のコードネームで呼ばれてきた第10世代のCore U/Yプロセッサを発表した。
同社は第10世代のCore U/Yプロセッサとして、10nmプロセスを採用した「Ice Lake」をすでに出荷開始している。今回発表されたComet Lakeも同じ第10世代のCore U/Yプロセッサだが、こちらは14nmプロセスを採用。同じ世代のブランドで2種類のアーキテクチャが混在するかたちとなる。
先行するIce Lake Uが、より強力なIntel Iris Plus GPUを内蔵し、4コアで最大TDPが28Wとなるのに対し、Comet Lake Uは、TDPを15Wに抑えながら、Uプロセッサとしてはじめて最大で6コア、Yプロセッサも最大4コアを内蔵。CPU周波数も高めだが、その分、GPUは従来のIntel UHD Graphicsで、エンジン数は24基と半分以下になっている。
両者の位置付けとして、Ice LakeはAIを活用したソフトウェア向けとなるのに対し、Comet Lakeはオフィス系やクリエイティブ系ソフトウェア向きとなる。
また、両者を区別するため、プロセッサー・ナンバーも異なるルールが適用されており、Ice Lakeは4桁の数字+GPUのグレードを示すものだが、Comet Lakeでは単純に10からはじまる5桁の数字+SKUを示すアルファベットとなる。
Wi-Fi 6やThunderbolt 3のサポートはIce Lakeと共通。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • RSS
Post Icon

「Windows 10 20H1」Build 18965が“Fast”リングに ~OS再起動後にアプリを再開するオプションを新設

米Microsoftは8月21日(現地時間)、「Windows 10 Insider Preview」Build 18965(20H1)を“Windows Insider Program”の“Fast”リングに参加するユーザーに対して公開した。Build 18965では、OSの再起動時にアプリを再起動するかどうかをユーザー側でコントロールする機能が追加されている。
“Windows Update”で再起動が必要なアップデートを行う場合、かつては再起動後もサインインしなければ完了しない更新プログラムのセットアップ処理が残り、すぐにPCを利用できないことがあった。最近のWindows 10ではこれが改善され、“Windows Update”後の再起動に続き、自動でサインインを済ませ、残りのアップデート処理を完了できる。こうすることで、次回のPC利用時にスムーズにデスクトップへアクセスできるわけだ([更新または再起動の後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します]オプション)。
しかし、アプリの中にはOSの終了や再起動で中断されると、次回のOS起動時に自動で再開するようシステムに登録されているものがある(Windows Vista以降で導入されている“RegisterApplicationRestart”API)。“Windows Update”によるOSの再起動を行う際、これらのアプリは次回のOS利用時に自動的に再開されるが、なかにはこの挙動を好まないユーザーもいるだろう。
Build 18965ではユーザーから寄せられたフィードバックに応え、この問題が改善された。「設定」アプリの[アカウント]-[サインイン オプション]セクションに“Restart apps”というオプションが追加され、アプリの再開を行うかどうかを明示的にコントロールできる。
また、「フィードバック Hub」アプリのアップデートも併せて案内されている。最新プレビュー版ではフィードバックの検索画面がアップデートされ、問題と提案の区別をより明確に区別できるようになったほか、提案への投票や類似したフィードバックの投稿が可能になった。“Windows Insiders”の実績ページも新しくなり、カテゴリーでグルーピングして実績を探しやすくする機能や、実績の進捗を追跡する機能が導入されている。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • RSS